自然な言語を目指して

技術・日常をぐだぐだと

人と繋がる事の有益さ

人と話すとやっぱりやっぱり楽しい

環境のせいもあるんだろうけど、普段僕は結構一人でいることが多い。 研究室もあまり人がいないし、1学年遅れているので、大学もそんなに友達が多くいるわけではない。

なので、たまに人と喋る機会があると、割りとどんな状況でも、楽しくて一杯話してしまう。

ていうか、個人的には人の話を聞いたり、ディスカッションしたり、くだらない雑談をするのが凄く楽しい。

よくライフハック系の記事も良く読むのだが、ライフハック系の記事は個人の考えを文章にして一般化したものが多いと感じるので、そういう面で好きなのかな、という気がする。

刺激を受ける

去年1年間海外を放浪してきて色んな人と関わって思った事は、人と繋がると刺激を受ける。 というか、刺激を受けるし、刺激を誰かに与えることも出来て、更に自分の刺激にもなる。

コネということについて

色んな人と話していくと、色んなつながり(コネ)が出来る事が多い。 元々コネって単語にはネガティブなイメージがあるけれど、色んな人と係わっていくうちにネガティブどころかポジティブであることに気づいた。 コネも実力とはよくいったもので、自分自身でコネを作れるのもやはり実力だと思う。ただし、個人的には親のコネを使ってばかりで、自分自身がそれに見合う努力をしていなかった場合、世間的評価は割りと悪くなると思う。


ブログを通じて繋がること

まずはブログ毎日更新の習慣化を目指し、見てるだけじゃなく行動を起こした17人を紹介するぜ - はぴらき合理化幻想

ブログを始めるきっかけになったはぴらきさんのブログにこんな記事が…。 はぴらきさんの記事を見て、思い切ってブログを始める決意をしてみたわけだけど、アクセスが一気に増えていて楽しみでもあり怖い笑

まだブログ初心者の僕にはわからないけど、きっとブログを続けていると、こういった機会で人との繋がりもあるんだろうなーとか思いつつ更新しています。


以上、最近正月で色んな人と話して凄く楽しいdagunikoでした。 普段ライフハックと技術系のブログばかり読んでいる僕だけど、こんな記事でいいのだろうか笑