自然な言語を目指して

技術・日常をぐだぐだと

他人のソースコードを読む事について

独学で開発をやっている人はテストコード書かなかったり、こまめなリファクタリングもせずに、割りと動けばいいや!っていうスタンスの方が多いと思います。 仕事でプロジェクトなんかで開発してる人は、他人にソースコード読んでもらう機会や、自分が他人のソースコードを読む機会が多いので、自然と他人のソースコードを読みとく技術や、人に読みやすいソースコードを書く技術も向上していくはず。(ただし、長年やっていても、普段から意識していないと、直らない人も多いらしい)

と、前置きはそんな感じで、こんな記事を読みました。 www.atmarkit.co.jp

これを読んで、普段はなかなか読まないオープンソースのプログラムを読んでみたくなりました。 ソースコードを読んだ記録をつけたりするのは、アウトプットにもなるし、自分の中で整理ができそう。

あと、動かすところまでいじったこともなかったので、ちょっと変更して動作してみるっていうのも面白そうだと感じました。